どちらが最適?水漏れをした時のトイレの排水管修理と交換

トイレから水漏れがあった場合、トイレの本体や排水管から水が漏れている時はトイレ自体の修理か交換を選択することになります。基本的にはどちらを選んでも良いのですが、トイレの破損状態がひどいとき、または排水管を破損している場合は、修理ではなく交換を選択したほうが良い、または交換以外の選択ができないことがあります。修理もトイレの交換も、トイレの保守としては有効な手段です。
特に水漏れは原因を特定して対処してしまえば、水が漏れる事はなくなります。トイレから水が漏れた時、修理をするかそれとも交換するか迷った時は、費用と今後の事を考えると、答えを出しやすくなります。

■修理と交換のメリット・デメリット

トイレは生活に絶対に必要なもので、もし無くなれば用を足すことができなくなります。トイレから水漏れが起きた場合は修理か交換をすることになりますが、修理となればトイレ自体の耐久性に不安が残ります。交換となれば、トイレ一式の工事費用が必要になり、ある程度まとまった費用を必要とします。長期的に見れば交換のほうがトイレの水漏れをあまり気にすることなく使い続けられますが、費用面では負担が大きくなります。修理の場合は交換に比べると費用が安く、トイレの機能は回復しますが、劣化が進んでいる事は間違いがないので、他の場所から水漏れ起きるかもしれません。トイレの修理、交換を選択できる場合、どちらにもメリットとデメリットがあるので、どちらを選ぶかはとても悩ましいものになります。

■悩んだら費用で決める

もし、トイレの水漏れなどが起きてトイレを修理や交換を選択できる場合、準備できる費用が交換に耐えうるのであれば、交換を前提に考えるという方法があります。交換を前提とする理由は、近年のトイレは高機能化が進んでいて使い勝手が良いこと、修理による延命よりも確実に水漏れ等の問題が起きにくいことです。ただし、トイレの使用年数が15年未満であれば、重大な破損がない限り無理に交換をする必要はありません。費用の準備が厳しいという場合は、修理を選択することになります。無理に費用捻出をしても、経済面で破綻するようであればトイレを交換して新品にする意味はありません。交換か修理の選択ができるのなら、今の状態で用意できる費用内で決め、無理をしない選択をすることがとても大事なことです。

■まとめ
トイレの修理や交換には、それぞれメリットもあればデメリットもあります。トイレの耐用年数はおよそ15年と言われているので、15年を超えていて費用が無理なく準備できれば交換、出来なければ修理対応が基本です。ただし、トイレに重大な破損がある場合は交換や工事が必要になるので、選択肢がなくなります。この場合は費用負担が避けられないので、ローンを組むなどの対応が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ