放置すれば大変なことに!排水管の水漏れは修理必須

放置すれば大変なことに!排水管の水漏れは修理必須 水回りのトラブルで最悪とも言えるのが、排水管の詰まりや破損です。排水管は汚水を流すためのものなので内部はとても汚く、汚れが配管にこびり付いていたりします。流れる水も生活排水やトイレの水などの汚水であるため、詰まったり、破損してしまうと汚水が溢れ出たり、漏れ出たりします。排水に関わる部分は水回りとしては重要で、ここが壊れてしまうと家の中の水道が使えなくなります。そのため、何らかの問題が起きた場合は早急な修理をしないと、生活に大きな影響を及ぼし、とても不便な状態に陥ります。さらに問題になるのが、水道という住宅設備の1つを構成するものの中で、最後に水を流す役目をしているのが配管であるということです。

■排水管が壊れたら何が起こるのか

排水管が壊れると、水が流れた時にその水が外に流れてしまう水漏れを起こします。常に水が流れている配管ではないので、使った水が流れていく時にだけ水が漏れてしまうのですが、流れる水が汚水なので、水漏れと同時に臭いや汚れを周りにばらまきます。
すると、床下からの悪臭、虫が湧くといった不衛生な状態に始まり、流れ出た汚水が敷地外へ流れ込んで周囲に悪臭を放つ、床下に湿気がたまり、根太や大引き、床束といった床下の構造を腐らせることがあります。これはとても恐ろしいことで、水漏れが始まってから異変を感じるまでにはある程度の時間が経過していることもあるので、気がついたときには壁の内部や床下が大変な事になっている場合もあります。

■修理には大掛かりな工事が必要になることもある
排水管は排水用の配管なので水を流すために下側に配置しなければならず、床下を通したり、土の中に設置します。排水管に何らかの問題が起きて詰まりや破損が起きてしまうと、修理や交換をするためには大掛かりな工事が必要になる場合があります。
台所や洗面台の下にある配管であれば大きな問題にはなりにくいのですが、2階からの排水を流すためのもの、トイレまわり、浴室まわりの排水管 水漏れが起きてしてしまうと、工事は解体を伴います。解体は配管交換のために必要な部分のみ行い、床を剥がす、壁を壊す、土を掘る、基礎を壊すなど、半ばリフォームに近くなりますが、この時に床下や壁の腐りがあれば、その修復も必要です。排水管 水漏れは、気づきにくく、気づいた時には重大な問題になっていることがあるとても厄介なトラブルです。

■工事費用も高額になりやすい

工事が大掛かりになると、必要になる費用も高額になっていきます。配管の修理だけであれば高くても2万円程度でできますが、解体を伴う工事になれば数十万円の費用が必要になります。おおよその目安ですが、トイレの排水修理で解体を伴う場合や、台所などの排水修理で床を剥がす場合は費用が高額になりやすく、負担も大きくなります。
工事費用は排水管の水漏れの状態や、水漏れで起きた建物の損傷によって必要な工事費用も大きく変わりますが、影響が大きければそれだけ工事に必要な費用も増えます。高い費用が必要とは言え、工事費用は業者によって大きな差があるので、業者の見積もりを比べることで大幅に安くすることもできます。

■まとめ
排水管の水漏れは放置ができないので、早急に修理が必要です。放置をすると衛生面の問題や、建物の強度への問題を起こします。
トラブルが起きている場所次第では解体が必要になる事があるため、場所次第では費用が高くなります。費用を抑えるためには、複数の業者から見積もりを取り、費用を比べる事が必要です。見積もりを元に交渉することも費用を抑えることにつなるので、修理が大掛かりになるときはいくつかの業者から見積もりを取ってください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース