気づいた時には手遅れの場合もあるトイレ排水管の水漏れ

トイレの排水管が水漏れを起こすと、家庭内の水のトラブルとしては最悪の事態を招く恐れがあります。トイレに使用される排水管は古いタイプだと銅製のものが多く、穴が空きやすくて広がりやすいため、最初は小さな水漏れでも、早い段階で大量の水が流れ出す事もあります。トイレという場所は、生活排水の中でも特殊な排水を流す場所なので、これを放置すればその建物自体の寿命を縮めたり、寿命を切らしてしまう恐れがあります。

■とても恐ろしいト入れ排水管の水漏れ

トイレの排水管に流れる汚水は、場所が場所だけに用を足したものがそのまま流れます。流れていく先は浄化槽ですが、水漏れはその道中である排水管で起こるため、漏れてしまえば汚水がそのまま流れてしまいます。通常の生活排水とは流すものが違うので、トイレの排水管から水漏れが起きてしまえば、衛生面に大きな打撃を与えてしまいかねません。漏れが広がれば臭いが周囲にも広がるため、ご近所トラブルにも発展する恐れもあります。建物の基礎内部や壁にダメージを与える事も多く、腐ったり、壁伝いに上がってきて建物の中が臭うといった事も起きます。水のトラブルの中でも特に問題になりやすいので、早急に修理を必要とするものです。

■最悪の場合は住めなくなることもある

トイレの排水管トラブルは、放置するとその住宅が住めない建物になることもあります。臭いや衛生面での問題もありますが、ご近所に迷惑をかけたことで住みにくくなる場合もあり、放置してしまうとそれだけ影響も大きくなっていきます。また、床が腐る、壁が腐るなどの影響も出る場合があり、これが起きると家の価値が下がるため、売却する場合でも買い手がつかないということも起きます。
賃貸の場合は家主の責任になるので、放置すれば借り手がいなくなり賃貸収入が得られない事になってしまいます。トイレ排水の放置は、放置した期間が長くなればなるほど、不利益を被ってしまいます。

■まとめ
トイレの排水管から水漏れが起きた場合は、臭いなどでご近所トラブルに発展したり、汚物を含んだ水分が建物を腐らせたりするため、放置すると被害が拡大します。直ぐに修理が必要な水のトラブル最有力候補がトイレ 水漏れなので、発見したらすぐに業者への修理を依頼するべきものです。最悪の場合はその建物が使えなくなる事もあるので、決して甘く見てはいけないトラブルでもあります。早期発見、早期修理が必須な水のトラブルです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ